2005年08月13日

長生きの秘訣

健康管理に気をつけなければならない。というのは会社員時代も、そして独立してからも常に考えているのだが、かなかな実行できていない面もある。

それは、お酒と深夜の仕事。

朝型にしたいと思いながら、夜遅くまで仕事をしてしまい、結局早朝ジョギングも出来ずじまいである。
でも、夏に朝型にしないと、冬はきついからね、とにかくしたいではなく、します。という自分自身への宣言が重要だということ。

「鯛」ではなくて「鱒」が重要ですと、ミニオネラ達がよく言っているから。

さて、今日のタイトル「長生きの秘訣」
実は、面白いデータがあったので思わずなるほどとうなずいた。

長生きの秘訣=ストレスをためない事

こんな簡単なことなのである。
例えばウインストン・チャーチル。彼はあの体型だから、ジョギングはもとより運動は全くせず、酒もタバコもたしなんでいたらしい、そして好きなものを食べていたとか。
つまるところ、彼は仕事を楽しんでいたというわけである。

その意味では、トーマス・エジソン、グラハム・ベル、ヘンリー・フォードなどの「アメリカ建国200年の間に生み出したビジネスマンTop10」といわれている、彼らも、数億ドルのお金を稼ぎ、使った人物であり、みな激しい競争の世界に身をおいた人物である。
健康雑誌では、競争で生じるストレスを早死にの原因とするが、では彼らはなぜ90歳近くまで生きたかというと....

仕事を楽しんだ=ストレスはなかった
ということだそうである。
仕事を楽しむことは、幸せで健康で長寿を全うすることを保障する最大の要素だということ。

PPK(ピンピンコロリ)という言葉があるが、これも同じかもしれない、元気に働いていて最後はコロリと亡くなる。私の理想でもある。
以前聞いたセミナーで、堀場製作所の堀場会長もPPKですよといってたが、多分そう願って仕事を楽しんでいる人は願いがかなうんだろうね。

最大の健康管理⇒仕事を楽しむ
みなさんも実践しましょうね!
posted by まる at 23:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

体感マーケティング

今日は、お盆休みということで、午前中は書店めぐり、例によっていくつかのマーケティング関連の書籍を購入。

またそれとは別にビジネス雑誌からの情報収集をする。
その中で興味を引いたのが「株式会社フタバ化学」の事例だった。

同社の名前を知っている人は少ないかもしれないが、同社の製品を使った事があるという人は多いと思う。それは、温泉やリゾートホテルの大浴場に置かれている、緑色のポンプ式容器に入った液体石鹸-「リーブルアロエ」というボディソープに代表される、業務用石鹸である。

石鹸などの消耗品は、当然価格競争に巻き込まれて、いわゆる卸販売だと、どんどん収益を圧迫するわけだが、同社はいくつかの戦略を立て現在の地位を築いているそうである。

その中の一つが、「体感マーケティング」
その名のとおり使ってもらうのがが、宿泊施設と提携して、浴室に無料で配置し、実際に宿泊客に使ってもらう。そして、石油系ではない自然素材なので、さっぱりと気持ちよい。
気になって容器を手に取ると、「この商品は、みやげ物コーナーで販売しています」の表示。少々高くてもお客は買って帰る。という手法である。

もちろんそれだけではなく、その温泉、その地域の特長を生かした、そこでしか買えないPBにして、旅館などに提案していくという戦略も、上手くいっている秘訣である。

翻ってわれわれも、商品だけではなく、その商品の背景、使い方の提案などなど、他の商品との違いを、価格や、品質以外のところで、訴えていくことが重要なのである。

しかし、マーケティングって本当に面白いよね。
そんなわけで、今日も楽しい読書をしました。
posted by まる at 23:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

ちょっと間隔が開きすぎ

久々のブログ、週末自宅のパソコンがいまひとつ調子が悪く、ちょっと調整していたらなかなか投稿できなかった。

そもそもこのブログは、携帯からもアップできるとうことだそうだが、やった事がないし、携帯で沢山の文字を打つのはちょっと大変なので。

それはともかく、夏休み前の追い込みで、仕事もバタバタ、とにかくこなしている状況。
本当は、アイデアを出したり、プランニングをしないと、ビジネスは伸びないので、その時間を夏休みで取ろうと思う。

読みたい本、聞きたいセミナーテープもあるので、インプットの時間と発想の時間をバランスよくね。

今日は、起業家の勉強会で、ブログの戦略についての話を聞く。
それはまさにマーケティングで、「誰に、何を」伝える文章なのか明確にしようということ。当たり前だよね。

でも、このブログはと考えると、ただの日記だよな....

そういう意味では、ブログの方向性も考えて、もう一本、マーケティング・ビジネスに関するものを立ち上げたほうが、書くほうも、読むほうも良いかも、

いずれにせよ、考えてみましょう!
posted by まる at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

顧客の絞込み

昨日、今日と相談業務をこなす中で、新規顧客の発掘という視点で見ると、なかなか皆さん出来ていないことがある。
それは顧客の絞込み。

「丸山さん30台の女性をターゲットにします」
「○○という地域をまずはターゲットにします」

もちろんそのように考えるのは、良いことで、まずは地域や年令による絞込みをしないといけない。
ただ、その絞込みは、もう少し要素を付け加えないと顧客の具体的な顔が見えてこない。

例えば、年令などの「社会特性」でみると、30台女性といっても、「既婚か独身か」、「一人暮らしなのか、家族と一緒か」、「働いているのか、否か」「職場は遠いのか、近いのか」などどんどん細分化できる。
また、○○地域というような「地理的特性」で見ると、「そこに住んでいる人なのか、職場があるのか」、「駅や商圏は一緒なのか、否か」、「買い物などは車で移動するのか、否か」などどんどん細分化できる。

そして、もっとも重要なのは、「心理的特性」で「どんな悩みを抱えているのか」「どんな欲求があるのか」「どんなことなら自分のこととして捕らえてくれるのか」など。
逆の意味では「顧客になりえない人は、どんなことを考えている、若しくは考えていない人なのか」

これらのことを考えて、顧客を絞り込めば絞り込むほど、顧客に選ばれる商品やサービスを提供できるのである。

普通の考えとして、間口は広げた方がよさそうなのだが、まずは絞込み自社の理想的な顧客をつかむこと、そしてファンを増やすことが、結局のところ近道なのである。

posted by まる at 23:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

誕生会

今日8月2日は友人の会社設立1周年と、彼のパートナーのバースデー(32歳?)ということで、招待を受け蔵前まで出かけてきた。

蔵前には初めて行ったが、横浜から京浜急行で浅草線直通で45分なので、意外と近い。久々に仕事を6時前に切り上げて、駆けつけた。

仲間からお誘いを受けること、また仲間を誘うこと、いずれにせよ大切なことだと思っているので、よほどの事がない限り出かけるようにしている。
これは、以前「本田健」さんの話でも出てきていたが、「チャンスは人を介してやってくる」ということに通じるから。

そんなわけで、30名くらいのパーティだったが、20名くらいは初対面、彼の仲間は一人も会社員はいないと思えるくらいバラエティに富んでいる。

お陰で楽しい時間を過ごすことができた。

また、マーケティング的にも、数人の経営者とじっくり話しをして、集客、イベント、広告方法などなど具体的にいろいろディスカッションしてみた。
当たり前だが、商売が上手くいっている人は、アイデアも豊富そして、人の話への興味も示す。このあたりの、柔軟性がいいんだろうね。


posted by まる at 23:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間・友人・パートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

残業なし、がんばるタイム

今日のタイトル、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」の生産性向上の秘訣です。

トリンプさんといえば、吉越社長が毎日実施する早朝会議が有名で、しかも社外の人間が見学できるという、超オープンな会議だ(もっとも見学できるのは月曜と木曜だけだけだとか)。

社内の情報開示がこれだけ進んでいるから、「俺が、私が聞いていないところで決められた」という不満もなくなるし、逆に真剣に取り組まざるを得なくなる。

また、残業ゼロにして生産性を上げるというのは、以前このブログでも書いたが、岐阜の未来工業さんと一緒で、取り組めば出来るということの証明だと思う。

これは吉越社長の海外生活が長かったからだろうが、「日本の事務所はワイワイガヤガヤ、おいあれなんだっけ」みたいな時間が多く、集中していない、氏の持論は「役員同士は大部屋でコミュニケーションを取るべき、部下は全員個室に入れて仕事に集中させる」ということでなるほど的を射ていると思う。

さて、トリンプさんの「がんばるタイム」毎日12:30から2時間、電話も会話もなしで、仕事に集中するとか。
しかも、今では外部の方も、わかっているのでほとんど電話もなくなっているとか。

これは、未来工業さんでも同じで、残業しない会社だとわかっているので、メーカーの担当者も夜は電話しないとか、

つまり、自社のポリシーをきちんと示して、さらにアウトプットもきちんとすれば、顧客や取引先にも理解されるということ。

もちろん私のところはまだまだだが、時間の使い方については大いに参考になる話だと思う。


posted by まる at 23:50| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

リフレッシュ

昨日は午前中東京で打ち合わせがあり、午後はそれならということで、数日前にアポイントを入れて「日本話し方センター」の島田社長にお会いすることにした。

目的は、弊社ニューズレターでの取材。話し方というビジネスモデルを聞こうと思ったのだが、話が面白く、島田社長が20歳の頃、同社に秘書としての入社した頃からの話しまでうかがえて、思わぬ展開が嬉しいことに凄い情報量になったしまった。

もちろん、弊社8月号のニューズレターにはご登場いただくのだが、それだけではもったいないと思い。思い切って弊社CDセミナーで対談させていただくお願いをし、それもご快諾いただけた。

予定としては、11月号にリリースできればと思う。

そもそも、私がCDセミナーをはじめようと考えたのは、ダイレクトマーケティングの第一人者である神田氏のCDなどを聞いているから。
そして、その効果を実感しているから。

そういう意味では、今年の2月神田氏のCDに島田社長が登場しているので、(もちろん対談内容は違ってくるが)同じ方が出ていただけるのは、本当にありがたい話しである。

そんなわけで、気分もよく週末を迎え、今日は朝から部屋の掃除や、バイク(自転車です)の掃除をしてついで家族の自転車のクリーンアップもし、そのままスポーツクラブでゆったりと泳ぐ。
午後からは、パソコンショップでCDにのパッケージの仕入れと、久々に東急で洋服とバックなどの買い物をした。

7月の週末はイベントやセミナーなどがあり、今日はそういう意味ではリフレッシュ。

ただ、もちろん仕事もあるので、夕方から会社に行き、作業をこなす。
来週はもう8月、いつもながら時間の経つのが本当にはやい。

7月はスタッフも増えた分、仕事も月次では満足のいく数字になったので、少々ほっとしている。

もちろん今年も後5ヶ月しかないし、8月はクライアントさんの休みもあるので、明日からもエンジン全開で行かなければ。

起業家は常に走り続けなければいけないのです。

でも、昨日と今日は心身ともにリフレッシュできた2日間であった!

posted by まる at 23:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

仮説の検証

昨日、今日とクライアントさんとのマーケティング戦略を考える中で、いろいろなプランが浮かんでくる。

一緒に考えるのが一番で、色々なアイデアが浮かんでくるのだが、トライアルとしてどれが効果的なのかという点が一番難しい。でも楽しいのでもあるが。

なぜなら、レスポンスが取れる、反応があるという部分で、わくわく出来るからである。

ただ、夜になっていくつか考えているうちに、やはり仮説を議論する必要性も出てくる。
そのときは、私のマーケティングの師匠でもある、K社長に電話。

「こんな仮説が立てられますが、どうでしょうか?」
「このあたりは、事例や経験則はありますか?」

そんな感じで、30分ほど話させていただくと、お互いに納得してきて、かなり確率の高いアクションプランが出てくる。
後は実行するのみ!

大前研一氏の「考える技術」にあるとおり、仮説を議論しあえる、検証しあえる仲間を持つということは本当に重要だし、成長に繋がると思う。
みなさんも、アイデアを出すために、そしてアクションプランを出すために、そういう仲間をぜひ近くにおいてみてくださいね。
posted by まる at 23:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

アンバンドリングとリバンドリング

昨日読んでいたプレジデント誌で、面白い言葉があった。
それがアンバンドリングとリバンドリングということ。

アンバンドリングとは事業の仕組みで、それを支えるのがリバンドリングというサービスの存在だとか。

わかりやすい例で京都の祇園の例が出ていた。
祇園では接客サービスを様々な要素に分解(アンバンドル)して外部化(アウトソース)している。芸妓舞妓という人的サービスも、メインの料理もお店で提供するのではなく、外から取っているということ。

アンバンドルされた企業は、そのサービスに特化しなければならないからより専門的な知識や情報を商品として提供しなければ生き残れない。つまり緊張感が生まれより良いサービスが提供できることになる。
そして、アンバンドルによって集中特化していれば、厳しい要求を持った顧客からの情報を自然に集めることが出来るというメリットも生まれてくるということ。

一方リバンドリングを提供する企業(この例でいくとお茶屋)は、お客さんの好みをみて、料理や舞妓さんなどの組み合わせを最適なものにし、トータルサービスとして提供することで、最終的に評価される、勝ち残れるということだそうである。

適切なリバンドリングのためには、お客さんの好み(情報)を知らなければならないから、企業は顧客データベースをきちんと作らなければいけない。
祇園のお茶屋さんが「一見様おことわり」という理由も、そういう意味で考えると、納得もいくわけである。

今回の例はたまたま、祇園とうわかりやすい例で書いてあったが、考えてみればこのことは、一般の企業にとっても重要なヒントだと思う。

最適なサービスをするために、社内のリソースだけではなく、社外のリソースをうまく使い、コスト削減と最終顧客への満足度を高めるようにする。
そして、顧客から選ばれる。

一方アンバンドリングされた企業も、専門性に特化したサービスを提供するために、事業に集中する。
そしてそこで仕事をする人たちも、企業が緊張感を持って仕事をすることで、自身も緊張感を持って仕事をし最終的にプロ意識が芽生えるのではないかと思う。

そんなことを考えさせられる記事であった。
posted by まる at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

プールとイベント

今日は午前中にジョーシンでインクジェットプリンターを購入する。メーカーはもちろんキヤノン。
プリンターは既に4台も使っているので普通はいらないのだが、先月からはじめたCDセミナー用にCDやDVDにダイレクト印刷をしたいためなのだ。

ただ、インクジェットプリンターは(自分が販売していたからよくわかるんだけど)本体は安くてもインクは高いからね。コストを考えて、使用頻度を考えないといけないのです。

午後からは市ヶ谷の法政大学に行き、ドリームゲート主催のイベントに参加する。

アントレの増田さんの講演と、先輩起業家3名のパネルディスカッションを聴く。
もちろん私は既に起業をしているわけだけど、4人の話はそれぞれ、面白くまた刺激をいただいた。
当然だけど、起業をすれば、それぞれ山あり谷ありなわけで、そのときにどんなことを考えてどんな行動を起こしたというようなことは、まさに同じ時を歩む起業家としてシンパシイを感じてしまう。

4時に終了後、会場での交流会には参加せず、そのまま佐藤君と2人総武線に乗って千駄ヶ谷の東京体育館へ。
久々の東京体育館、50メータープールはやっぱり気持ち良い。
ターンも少なくてすむから、1000メートルがあっという間に泳げてしまう。心地よい疲れを感じてプールサイドのサマーベットで休憩を取ると、いつの間にか10分くらい転寝をしてしまう。

さて、時間も丁度よく7時からの、懇親会に参加すべく再度市ヶ谷へ。
到着したらまさに、乾杯のとき、プールでのども渇いてビールが上手い!

30-40人は参加だろうか、増田さんの声かけなので、個性的な方が多く、話が盛り上がる。
殆どが初対面なので、名刺がなくなりそうな勢いだったが、本当に様々なビジネスをしている方が多くて名刺交換一つ一つに価値があるなと、いつもながら思う。

そんなわけで、プールとイベントを楽しめた日曜日だった。

そうそう、タンクの石田さんがおっしゃるには「年に2回発行の、独立事典に連続で出ていただいたのは丸山さんだけですよ。特別ですね」とのお話。

そうだったんですね。増田さん、内田さんそしてタンクのみなさん、ありがとうございました。
posted by まる at 23:49| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。