2005年08月01日

残業なし、がんばるタイム

今日のタイトル、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」の生産性向上の秘訣です。

トリンプさんといえば、吉越社長が毎日実施する早朝会議が有名で、しかも社外の人間が見学できるという、超オープンな会議だ(もっとも見学できるのは月曜と木曜だけだけだとか)。

社内の情報開示がこれだけ進んでいるから、「俺が、私が聞いていないところで決められた」という不満もなくなるし、逆に真剣に取り組まざるを得なくなる。

また、残業ゼロにして生産性を上げるというのは、以前このブログでも書いたが、岐阜の未来工業さんと一緒で、取り組めば出来るということの証明だと思う。

これは吉越社長の海外生活が長かったからだろうが、「日本の事務所はワイワイガヤガヤ、おいあれなんだっけ」みたいな時間が多く、集中していない、氏の持論は「役員同士は大部屋でコミュニケーションを取るべき、部下は全員個室に入れて仕事に集中させる」ということでなるほど的を射ていると思う。

さて、トリンプさんの「がんばるタイム」毎日12:30から2時間、電話も会話もなしで、仕事に集中するとか。
しかも、今では外部の方も、わかっているのでほとんど電話もなくなっているとか。

これは、未来工業さんでも同じで、残業しない会社だとわかっているので、メーカーの担当者も夜は電話しないとか、

つまり、自社のポリシーをきちんと示して、さらにアウトプットもきちんとすれば、顧客や取引先にも理解されるということ。

もちろん私のところはまだまだだが、時間の使い方については大いに参考になる話だと思う。


posted by まる at 23:50| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。