2005年03月30日

ギャラリー

今日は午後から東京で商談があり、その後、翻訳家の卵Sさんと久々(12月以来)に会った。少しお茶を飲みながら、プレゼントの「ブラッドリング」話で盛り上がった後、せっかくの銀座なので、画廊でも覗こうということで、駅までの帰り道にある何箇所かに寄る。

二人とも銀座に勤務した事がある割には、知らないギャラリーも多く、新鮮だった。
もちろん展示している絵画が素晴らしく、しばし時を忘れて鑑賞。お互いに今日は貴重な時間を過ごしたねと、嬉しい気分で、新橋駅で別れる。

私も新しい道を歩んでいるが、Sさんも、翻訳という新しい道を歩みはじめた。これからも、時々情報交換しながら、お互いが成長していければと思う。

帰りの電車で、昨日のプレジデントの続きを読み、ネットワークとか人脈とかと同時に、素敵な友人を持つことの大切さをあらためて考えてみた。「I care about you」その思いを伝えられる人たちとこれからも多く出会えれば嬉しいなと思った。
posted by まる at 22:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間・友人・パートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

Rich Network,Poor Network

今週発売のプレジデントの特集は、「味方が増える人間関係の整理整頓法」ということで、いくつかの事例で、いわゆる人脈についての話題が載っている。

なるほどという事が多いが、そのなかで、ボストンコンサルティング代表の御立氏の説く「役立つ人を増やす時間と気持ちの配分法」というのが面白い。氏はコンサルタントという立場から多くの一流経営者と接してきたが、多忙な人になればなるほど、意識的に重要な人と会う時間をつくっているそうである。そしてビジネスの話題以外の、パーソナルな思いを伝えていくそうである。

それを一言でいうと「I care about you」で、気にかけている、大事に思っているという姿勢や態度を相手にわからせるかたちで表現すること。
大変だが、相手に関心を持ち、相手のために時間を割くという事を繰り返して行くことで、結果として豊かな人脈が出来てくる、その意味では、人脈づくりは「術」ではなく「道」の世界に近いのだということ。

なるほどという事が多い、今日のタイトルのネットワーク、意識して豊かな人間関係を増やして行きたいとあらためて思った。
おまけ
posted by まる at 23:50| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

沖縄の起業家からの手紙

今日は月曜日、以前にも書いたが、ハッピーマンデーだ。なぜって、オフィスビルの休日に届いている手紙がメールボックスに届けられるからである。そして、お客様からの電話やメールも多いから楽しみなんです。(もっとも自分はほとんど土日も会社には行っているんだが)

昨年ドリームゲートの吉田さんとお会いしたとき、私が彼の著書にサインをいただいて名刺交換をしたら、後日お礼のはがきを頂いた。そうかこれだ!と思って、さっそく我社でも、みなとみらいを背景にしたオリジナルなはがきをカラープリンターで作成した。
それ以来、名刺交換をした方や、セミナーで話を聞いてくれた方々に、電子メールとは別にお礼のはがきを出すようにしたのでした。

今日綺麗なはがきが届き、表を見ると、先月沖縄でお会いした、Mさんという女性からだった。
彼女は、普通の主婦だったのだが、宮古島にいたときに、野球部の中学生が熱中症でよく倒れるので、何かよいものは無いかと塩をなめさせて、ミネラルを取らせるという方法で解決を図ったことから、塩と黒糖、そして顆粒状にと、どんどん必要に応じて作っていくうちに、いつの間にか会社を作ることになってしまったという、まさに起業家なのでした。

今は沖縄本島で、会社を運営し、お客さんには、中日ドラゴンズをはじめ、プロ野球のチームをいるという、本当に素晴らしい業績を上げているが、どこにでもいる普通の女性という感じで強く印象に残っていた。
「神奈川の起業家の皆さんの活躍をみて、沖縄でも頑張ろうと思っています」との事、リップサービスとしても嬉しい手紙だった。

今度は仕事で沖縄に行きたいな、マーケティングの仕事の依頼は来ないかな、いや願うんじゃなくて、絶対仕事はある作れると、考えながら今日はやすむことにする。
その前に、現地で買ってきた、沖縄の天然塩「ぬちマース」をなめながら、ビールを一杯飲むとしよう。
posted by まる at 23:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間・友人・パートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

3月の最後の週末

昨日今日と週末の天気は良かった。3月は毎年雨も多く、トライアスロンの練習をしていた時期には、いやな雨だったが、ここ数年は花粉症なのでかえって雨のほうが良かったりする。
そうは言っても天気は良いので、いつものスポーツクラブへはバイクで出かけた。もちろんマスクにサングラスと花粉除けはしているが、それでもかゆい目と鼻、ついつい掻いてしまって結局目が真っ赤っか、目薬もなかなか効かない、参ったね。

そんなわけで、色々調べて、ある目薬を購入してみると、ようやく収まった。コンタクトを入れっぱなしでも大丈夫なのかなーと思いながら、こんなに良く効くことに驚き、早くわかっていれば。

そうそう、昨日も今日も、図書館、スポーツクラブ、会社と結局あわただしい、休みといえば休みだし、でも会社にも行かなければ出来ない仕事はあるってことは、やはり休みなし?
それでも、クライアントさんのFAXDMのレスポンスがそこそこあったという報告で、一安心。やはり、結果が出てくると疲れも吹き飛ぶよね。

3月もあとわずか、4月からの新しいビジネスも増えそうだし、頑張ろう。
30日にはバーレーン戦もあるから楽しみ。この前のイラン戦の鬱憤を晴らすすっきりとした勝ちを期待したい。そのためにはFWが得点してくれないと、できれば高原の豪快なゴールが見たいよね。
posted by まる at 23:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

営業特集

来週発売の「週刊ダイヤモンド」はまたしても営業特集。以前も書いたが、女性誌のダイエット特集と一緒で、経済誌の定番は営業特集である。つまり出来そうでできない、定番は無い、わかっちゃいるけどやりたくない、などかなー。
今回も、各業界のトップセールスパーソンが、各自の方法論を展開、もちろんなるほどという事も多いが、やはりマメに丁寧に気を使ってという点ははずせない。これを見てきちんとできれば問題ないが、やはり相手もあるし、ここまできちんとできないのが普通の人である。
モチベーションを上げる研修に、営業部門の人間が出ることはあっても、総務部門や研究開発部門の人間が参加することはない。それだけモチベーションの維持が大変だということで、成績が良いときはいいが、悪くなると元気がなくなるという、アップダウンがつねにあるというのが営業の辛いところである。
私がいつも思い、考えているのは、特別なスキルがなくても、営業が楽に出来るような仕組みを提供することである。ソフトブレーンの宋さんのように、営業を科学するという視点で、だれでも簡単にそして、お客さんとフィフティな関係で営業ができるような提案をしていきたい。
今書いている小冊子はそのあたりをわかりやすくと思っている。営業という職種をワクワク感じられるように、楽しくそして自信を持ってできるようにと。
posted by まる at 23:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

エアメール

数日前に、友人のT君からエアメールが届いた。今はブルネイに来ているとか。
彼は大学卒業後、最初の就職先の同期で、私より前にすぐに転職した友人である。そういえば、今でも付き合っている仲間は、ほとんどが3年以内に転職しているメンバーだ。そしてそれぞれが別な仕事で活躍しているのだから、ある意味優秀な人材を放出しているのかも。もっとも転職したからこそみんな頑張ったともいえるが。

そうそうT君のエアメール。彼は製紙メーカーに転職し、そこで紙ではなく、木材を使った家具やインテリアの設計部門にいるのだが、定期的に海外に資材の調達やデザインの勉強などと兼ねて出張している。
そして、まめに、絵葉書を送ってくれる。内容は「丸ちゃん元気、今どこそこにいます。こっちは暑いよ」という程度だが、嬉しいものである。

実際に会うのは、年に一度くらいで、お互い忙しくなかなか顔を合わす事が出来ないが、いつの間にか出会って20年、長い付き合いである。ちょうど一年前に会った時、「グルジアからの絵葉書届いた?」って聞かれて、「え届いてないよ、いつ?」て言ったら「やっぱ届いていない、家にも届いてないんだよね。旧ソ連あたりとか、発展途上国(もう死語じゃない)から送ると、届かないんだよ。それでさあ、聞いてみたら、綺麗な絵葉書に切手を貼るじゃん、それが価値があるから、はがして売っちゃうやつがいるんだよ、ひどいよね」って。「本当かよー、すごいな」って話したことを思い出した。

それにしても、エアメール、意外といいものです。海外じゃなくても、国内でも、旅先から出す絵葉書は私も好きで、家族宛にも書くのです。でもそれって、免罪符とも言うけどね。
posted by まる at 23:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間・友人・パートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

HPを更新しなきゃ

自分も忙しいが、HPを依頼している方も忙しくてなかなかHPの更新がままならない、3月の年度末を控えて4月の頭には更新をしようと考えている。
サービスのメニューの追加や、メルマガの履歴、オファーの登録など変えなきゃいけないところは沢山あるのです。

いつも考えていることだけど、知識のインプットを常にしなければいけないということで、実践した事例の検証だけでなく、本を読んで知識を増やしたり、顧客対応や、セールスツールの勉強ということで、ネットで商品を買うことも多い。当然だけど、商売が伸びているところの対応や、資料請求をしたときに届く、レターなんかも参考になることが多い。
これらの実物や、書籍やセミナーで得た知識をクライアントさんに提供することで、私の価値を上げていくことが重要になってくるからである。

昨日の夜は、アントレ編集長の増田さんと話す機会があり、「増田さんの習慣といいますか、常に心がけている事は何ですか?」とお聞きしたら、とても面白い答えをいただいた。それは「毎日似ていない物二つを取り上げて、どこに共通点があるかを考えるというこです」と言っていた、たとえば「象と赤ちゃん、鉛筆とはんこ、お茶と切符」などなど、「関係ないものをどうすれば共通点があるかとか、作り方、使い方、売り方で考えられることはないのか」のように、「規定概念にとらわれずに考えることでいろいろな発想が出てくる」という事だった。

あまりに意外な答えだったので、驚いたが、増田さんは昔から好奇心の塊だったそうで、工事現場があれば覗きに行くし、花がさいてれば取ってみるし、で道草ばっかりしていたとも、昔は変なやつと思われたのが、今は独特の着眼点と発想だと評価されるとか、やっぱり、素敵な人は素敵な答えをもっているなーと思ったしだいでした。
そんなわけで、結局 飲みすぎました。
posted by まる at 23:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

春の雨

昨日、今日と天気がぐずついている。春は一雨ごとに暖かくなるというが、昨日からコート着るのをやめた。以前と違って外出することも少ないので、雨も寒さも影響は無い。どの季節も好きだが、春の息吹を感じるこの季節は、ジョギングなどをすると特に気持ちいい、そろそろ桜の季節、また今年も「お花見」を仲の良いメンバーで開くことにしよう。

ところで、昨日はお世話になっている、独立法人のKさんの転勤に伴う壮行会。Kさんの職場の人以外で40名を超える起業家が集まるというのは、本当にKさんの人柄だと思う。2次会のカラオケまで多くの人が集まって、盛り上がった。Kさんは今日は、朝一番の新幹線で京都に引継ぎに行ったということで、本当に忙しい限りである。

先ほど横浜に帰ってきたとの電話をいただき、4月からの仕事の話だとかいろいろ伺う、4月以降も色々な形で我々の活動に関わっていただけたらと改めて思った。

ところで、春は様々なスポーツが開幕する。既に開幕しているJリーグ、来週開幕のプロ野球などなど楽しみである。今日は春の甲子園が開会式のみで試合は中止だったと聞いた、どれほどの雨だったんだろう、これは史上初めてだそうだが、いずれにせよ、良いグランド状態で試合が出来ることが望ましい、せっかくの全国大会だからね。

25日はW杯予選イラン戦、久々のヒデの勇姿を早く見てみたいな。
posted by まる at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

震災

昨日の九州の地震は驚いた、なんでも100年ぶりだとか。10年前の阪神淡路大震災も、関西は地震が少ないと聞いていたので驚いたが、日本で地震が無い地方はありえないと改めて思ったしだいです。昨年の10月の新潟の大変だったが、地震は本当に怖いことである。

必ず来ると言われている東海沖地震や関東地区に地震がきたら、被害の規模は凄いことになるのだろう、そうは言っても人は(私も含めて)いざ現実に起こらないと、なかなか準備が出来ないのも常である。

昨年松井証券が証券業界のメッカである兜町から平河町に本社を移転したとき、(もちろんいくつかの理由はあるが)松井社長が言っていた事が思い出された。彼は一橋大学時代の友人が環境省に勤務していて、その彼ともよく話すと、本当に近いうちに東京で地震があり、地盤の弱い中央区あたりや下町は危ないと、今の場所は、半蔵門に近いし、官庁街も近いから、いろんな意味で安心だと。

今改めて、家の中を見ると、パソコンやテレビなどの電化製品や、たんすや食器やと、とにかく昔に比べれば品物が多い、これじゃ大地震じゃなくても、なだれを起こしそうだし、危ないな。

なら思ったうちに対策を打たないと。早速今週末には、地震グッズを用意するのと、家具などの滑り止めやらの処置をするかな。やろうやろうとして、全然やっていないものね。
備えあれば憂いなし。とは言いながら、本当はボランティなどできることもしていかないと、いずれにせよ、今回の地震を機に改めて思ったしだいです。

そうそう、九州に実家のある、二人に電話をしたら、とりあえず被害は無かったということで一安心ではある。でも、生まれて初めての地震で驚いていたというのが、共通の回答だった。
posted by まる at 23:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

久々のオフ

今日は久々のオフ、午前中はスポーツクラブゆっくりのんびり。午後は後輩のI君のお見舞いに家内と一緒に病院へ。

I君は肺に水がたまったということで、最初は本人もみんなも心配したのだが、様子を聞くと幸い悪い病気ではなかったそうで、一安心である。あと数日で退院できると元気に話していた。

ところで、今回入院していた病院が、日本でも数少ない国立(というか今は独立行政法人)病院で呼吸器の専門との事であり、建物は古いのだが、検査設備は充実しているとの事。なんと戦前に建てられたそうである。
小高い山の上に建てられているのは、やはり当時は結核という病もあり隔離するという意味合いも強かったんだろうと思う。

そうそう「独立行政法人」今読売新聞が結構特集を組んでいて、今朝の1面でも、税金のムダ使いを指摘しているが、最近私も接する機会があるので、関心があり注目している。直接働いている職員の方々はともかく、管轄する立場の方々や、運営体には改善すべき事も多いのではないかと思う。まあだからこその独立化なんだろうけど、移行期は色々な矛盾も多いとは思うが、国民の一人として関心を持っていこうと改めて思う。

病院からの帰りに、新横浜により、ビックカメラでパソコン関連の消耗品やお酒を買い、プリンスペペで食材も買って帰り、ワインを時間をかけて夕食を楽しんだ。
夜は、家内と二人で東急SCに行き、春物のワイシャツを選んでもらったりして、一日を終えた。さあ、読書でもしながら、ゆっくり休むとしよう。
posted by まる at 23:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

はなむけの語源

先日に引き続いて、語源シリーズって2回目だけど。今回は「はなむけ」、意外や意外、はなむけの「はな」は、花じゃなくて鼻だった。調べてみると.....はなむけは、遠方に旅立つ際、道中の安全を祈願し、馬の鼻先を行き先の方向に向けた習慣から「馬の鼻向け(うまのはなむけ)」という言葉が生まれ、略され「はなむけ」となった。「うまのはなむけ(むまのはなむけ)」という語は、『土佐日記』『古今和歌集』『伊勢物語』など平安前期の文献に使用例が見られる....そうである。

なるほど、そういえばそうか。
前職時代は、12月が決算だったので、あまり3月の年度末という意識は無かったが、世間では企業も3月決算が多いし、国や自治体、そして学校なども全部3月が区切りなんだよね。今回は特にお世話になった独立行政法人のKさんが転勤なので、来週はまさに壮行会、はなむけの言葉を送くることになったてしまった。

でも、出会いがあれば別れもあるし、そしてそれはすべて必然のはず、お互いに新しい出会いが増えると思えば良いことなんだ。来週は公式・非公式も入れて何度か飲むことになりそうだ。12月の忘年会シーズンより、案外いいかもね。

続きを読む
posted by まる at 23:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

久々に小田原まで

今日は夕方まで事務所で仕事をした後、東京に行った。山梨の地元の同級生の弟二人が(男3兄弟)兄弟で、それぞれに会社を経営していて、何十年ぶりかに会いに行ったのでした。二人は大学卒業後、それぞれコンサル会社にいたのだが、一緒にビジネスを立ち上げて、今では年商30億を超える規模まで成長させていた。全く素晴らしいものである。

とはいえ、夜の部での話題は、もっぱら地元の話、当然子ども時代の話なので、リラックスして大笑い、そうそうあんなことがあったね、こうだっったよね、なんてあっという間に時間は過ぎてしまった。

そこまでは、良かったのだが、茅場町ということもあって、東京駅に出て、新幹線で帰ろうとしたのが運のつき、ちょっとうとうとしたら、新幹線がかなり速いスピードで走っている、もしかすると.......やっぱり新横浜は過ぎている、あーあやっちゃいました、小田原だよねもうやだ〜(悲しい顔)せめてもの幸いはまだ11時前だということ、横浜までは戻る電車があって良かった。
新幹線は東京行きはあっても、小田原はもう停まらないので、東海道で約50分かけて横浜までのんびりと帰ることにした。

夜の登り電車なので、社内はすいていて、4人がけのところに、パソコン広げて、小田原駅のコンビにでかったビールとつまみを片手に、酒盛り&仕事タイムと、偶然にも貴重な?時間を作ることができた。

そんなわけで、このブログもビール片手に、車中より書いています。残念なのは唯一電車代がかかりすぎたこと、そりゃそうだ、東京-新横浜-小田原-横浜の周遊券みたいなものだからね。
posted by まる at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間・友人・パートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

ご馳走の語源

今日たまたま目にした本で、「ご馳走」の語源を知った。いままで、意識していなかったけど、読んで字のごとく走り回ること、つまりいい食材を求めて四方を走り回ることから来たという。なるほど、今みたいに食材は季節や国のボーダーを超えて、いつでもどこでも手に入るというのが当たり前になったので、わかりにくいが、それはほんとに戦後の何年かで、それ以前は、物流もなければ、電気もない時代があったのだから、まさに劇的に変わってきたんだと改めて思う。

我々が子どもの頃は、旅先で初めて食べることの出来るものが多かったし、国内・海外を問わず食べ物そしてお土産が本当に貴重だった。

流通の発達は、すごく生活を豊かにしたし、農産物・水産物などの促成栽培や養殖などなどバイオの力は計り知れない、食の豊かさを作り上げてきた。

一方、魚そのものや果物がどのようにして取れる・できるのかという事は、ますます分からなくなってしまっているのも事実である。農林水産業の一次産業に従事する人口はますます減ってしまっているし、食物原料を外国からの輸入にこれほど頼っている国は非常に少なく、危険が多いと思うが、では自分が何できるのかという質問に回答できないのも現実である。
少々横道にそれてしまった。そうそうご馳走!今日もクライアントさんで、ベルギー食材の専門商社さんと話したが、今ではヨーロッパの食材まで日本がターゲットなんですよね。ヨーロッパのブランド製品を買い、ヨーロッパの食材を食べて、リッチな気分に浸れるのも事実。なんだか難しい、でも美味しいものを食べるときは人間楽しい気分になれるので、心も豊かになれるんだよね。

以前ワタミの渡辺社長の話を聞いたとき、なぜフードビジネスで起業したかという理由が、「学生のとき貧乏旅行をして世界中を回ったときに、人種・国籍・言葉の違いがあっても、食べるということは共通で、その食べている時間は家族や友人との楽しい時間の共有だから、食というビジネスにしたいと強く思った」といっていたことを思い出した。

ご馳走、今何が食べたいかというと、お寿司だな、白金の「両国寿司」に久々に行きたいと思った。そうだ今月末に行こうと。
posted by まる at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

著者が二人

今日は月に一度の、起業家ネットワークの例会だった。前半は弁理士のA先生のミニセミナーだったが、とても弁理士とは思えない、明るい楽しい先生で、人間としての魅力にあふれている。若い頃はバックパッカーとして世界中を旅したり、タクシーの運転手をしたいたりして過ごしていたのに、30歳を過ぎて弁理士という資格を知り、10年余りの勉強の末資格取得開業をされたという変り種の先生なのだ。こんな素敵な方が、我々のネットワークにいてくれるというだけでも本当に嬉しい限りである。

そうそう、我々の仲間で今月は2人が本を出したのです。一人は田中さんでご自身のキャリアを綴った「外資の社長になるための12章」という本です。

そしてもう一人は蛯原さんでやはりご自身のキャリアと今のビジネスを語った
「派遣社員のシゴトとオキテ!」という本です。

今日はお二人ともいらっしゃったので、本を出版したい私としては、おめでとうございますと同時に具体的な、出版までのノウハウを詳しく聞くことができて、本当に貴重な時間だった。

我々起業家仲間で、ビジネスのカテゴリー的に「コンサルタント」といわれる人は、やはり何らかの出版を(共著にしろ)経験しているので、それが信用にもなってくると思う。
最近何人かの事例を聞いて、おぼろげながらパターンが見えてきた。登り方を知っていれば登山は出来るのと一緒で、方法を知っていれば出版はできる。後は時間だけみたいだな。

今は3月年内出版は可能だと言い聞かせて週末からまた仕込んで行きたいと改めて思った。
こんな素晴らしい先生方がいる起業家ネットワークの仲間内で代表なんかさせていただいていいんだろうか?という気もするが、こんなありがたい環境を感謝して一生懸命取り組むことが、私の使命なんだとポジティブに考えよう!


posted by まる at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

確定申告とスポーツクラブ

今日は3月15日所得税確定申告の締め切り日でした。私は個人事業主ではなく、会社役員(名前だけ聞くと、なんだかかっこいいね)という事で、源泉徴収しているので、本来ならば関係ないのだが、株式の譲渡益が少々出ているので、確定申告をしたのです。
夕方ぎりぎりに行ったんだけど、最近の税務署は対応も良く、親切にしてくれて気分は良かったのです。税金を払うのは、もちろん嬉しくないけど、国民の義務だし、まあ仕方ないですね。

その後、会社に帰るのも遠いので、久々にスポーツクラブに行くことにしたのでした。最近休日の午前中しか行けてないので、夜の時間=会社員のピークタイムを味わいました。お風呂やシャワー室も込んでて大変だったけど、何人かの知り合いにも会えて、楽しい時間を過ごすことが出来たのでした。

思えばこのスポーツクラブ、今年で7周年だそうだが、最初から入っているからなんと7年も通っているのですね。(結構お金も払っているかも)その頃に比べれば体重と体脂肪が......そうそう4月からは、バイク通勤をしようと。

先週からやっているのは事務所ではエレベーターを使わないということです。自分のところは4Fだからそんなでも無いけど、10Fと11Fにあるお客さんや知り合いのところまで歩くと、結構疲れるという情けない状況なのです。
でも、すべて継続、3週間もすれば、なれてくるんだろうね。前の会社のときも、かたくなにエレベーターは使わなかったからね。
バイク通勤も始めれば、夏までにアスリート復活だ!
posted by まる at 23:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

わくわくする考え方

この前のこのブログでも書いた「幸せノート」について何人かの友人(女性ばっかりわーい(嬉しい顔))に話して、「自分もやるけどやったら楽しいよ」って感じの会話をしたのです。
そしたらここ数日なんだか、気分が良いじゃありませんか。なぜなら自分にとって嬉しいことを探すという事と同時に、それならば、お客さんや友人に、こんな話をしたら喜んでもらえるかな、こんな提案が喜ばれるんじゃないかな、などという発想が浮かんでくるようになったからである。もちろん気分は良い。

単純なことだけど、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、というのを大変だなと思ったり、あれが出来なきゃどうしようなどと心配したりすると、結構疲れるのものだけど、ちょっと発想を変えてみてみるだけで、全然違う。

なぜなら突き詰めて考えてみると「心配」とは「まだしてもいない将来の借金の利子を今前払いしている」ようなものだから、まだ起こってもいない未来が、悪くなることを想像して今を楽しむことを「お預け」にしているというもったいない事なのです。

ポジティブシンキングと似てはいるが、自分にとって楽しい考え方、相手が楽しいと喜んでいる姿を想像する考え方を持つだけで、わくわくするのです。
気分良く毎日を過ごそう!そしたら仕事でも遊びも楽しいアイデアが湧いてきて、ますます気分が良くなると思いますよ。ぜひ皆さんも試してくださいね。
posted by まる at 23:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

威風堂々

クラッシック音楽に造詣が深いわけではないが、10年位前にトライアスロン仲間のHさんから誘われたことをきっかけに、オーケストラのコンサンートに出かけるようになった。
そこで、クラッシク音楽を聴いているうちに、興味が湧き、今でも時々仕事場でCDを聞いている。いくつか好きな曲はあるが、その中でもエルガーの「威風堂々」は仕事を始めるとき元気になるという意味で大好きな曲である。
私の好きな作家の一人である浅田次郎氏も、ギャンブルも好きだがクラッシックも好きで、その中でもいざというときは「威風堂々」を聞いてセルフイメージを高めていくとエッセイに書いてあった。

なぜ、急に「威風堂々」かというと、夕飯の後、久々にテレビを見ていたらとんねるずの木梨くんのCMのバックに流れたいた(中華のクックドゥ)ので、思い出したのと、昨日見に行った若者の芝居の合間に流れていたので、思い出して、今まさに久々にエルガーのCDを聞いたのでした。
いい音楽は気分を落ち着かせるが、この威風堂々はそれ以上に気持ちが高揚するのが良いですね。インターネットで検索したら、ストリーミングで聞けるサイトがあったので書いておきます。http://www.harapan.co.jp/Music/Sound_lab/Stream2.htm

さあ、明日はハッピーマンデー、楽しく仕事しよう!
(でも今日も会社には行っていたのでした。スポーツクラブには行けなかったよー)
posted by まる at 23:25| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

忙中閑あり

昨日今日と、お芝居を見る機会に恵まれた。昨日はオペラ座の怪人(もちろんこれは映画)今日はドロブラ劇団という若者のお芝居だった。もともと映画や芝居は好きだけど、仕事が忙しいためなかなか動けない状態が続いていた。でも良いタイミングでお誘いをいただき、気分転換もできて本当に楽しかった。こんなことも本当に縁なんだろうね。

以前聞いたセミナーで、成功されている方は、当然だがお誘いも多い、そして忙しい人ほど、何とかやり繰りして色々と顔を出すという話だった。それが、また新たなご縁を頂いたり、誘うほうも喜んでくれるとまた別な機会に誘おうとインプットされるからだそうだ。

いずれにせよ、ミュージカルの大作映画と、若者の汗がほとばしる演劇という二つの芝居は日常を忘れて本当に楽しむ事ができた。そして終わった後に、食事をしながら感想を語り合うという時間もとても貴重なんだよね。多分自分自身本当にうれしそうな顔をしていると思う。

そうそう、昨日は毎年恒例の大学時代のサークルのちょっと遅い新年会もあって、楽しい時間を過ごすことが出来た。大学卒業して何年?だろう、それにしてもいつまでたっても先輩と後輩の関係は面白いよね。でも私くらいかな、いつも先輩まで仕切ってしゃべっているのは、結局人と話すのが好きなんだとつくづく思った。だから、そういうビジネスをしているんだけどね。

そんなわけで、ちょと楽しい二日間でした。それにしても、楽しいことに費やした時間の埋め合わせで、その前後も、そして今もたまった仕事をこなしている現実もあるのですが....
posted by まる at 23:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間・友人・パートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

きっと、よくなる!

以前やはりセミナーテープで話を聞いていた、「本田健」さんの、「きっと、よくなる!」の小冊子を読んだ。既に本も出版されているから、読んだ人も多いと思うが、帰りの電車で読むにはちょうど良い、ダイジェスト版である。
このタイトルを付けた理由を、セミナーテープで聞いたときから、気になっていたのだが、今日ふと思い出して、プリントアウトして見た。本田氏いわく、「タイトルを見ただけで、希望が持てるものにしたい、ひらがなで多くの人の目に焼き付けたい」などといっていたが、本当に元気が出てくる内容であった。まだ読んでいない人はぜひ、
http://www.aiueoffice.com/にアクセスしてみてください。

その中で、うれしいことを”幸せノート”につける、というページがあるが、目標を書き出すノートとは違い、引用すると
「毎日の些細な楽しいことや、うれしいことを書きとめておくノートです。例えば、キンモクセイの花が咲いていたとか、誰かに洋服を褒められたとか、ちょっとうれしいことがあったとき、そのノートを取り出して、幸せな気分を書き込んでおきます。
どんな人でも、ずつとハッピーでいられることはありません。気分が沈んだときに、この幸せノートが、威力を発揮します。
お気に入りのお茶をいれ、ノートを取り出して、読み返すのです。すると、ほんの数分前までブルーだった気持ちが和らいでいくのを感じられるでしょう。
幸せノートの素敵なところは、ノートをつけ出すと、今まで以上に、楽しいことに出会いやすくなるということです。うれしいことに出遭ったとき、それを思い出して書いているとき、読み返すときと、幸せが3倍にもなる魔法のノートなのです。」
というページなのである。早速実行してみようとおもったのだが、そういえば私自身も、疲れたときやブルーのときに、見ているものがあって、それは何かというと。

2年前の退職時の12月ほんとうに毎日(28日間連続)送別会をしてもらって(顧客、上司、先輩、後輩、同僚、友人などなど)今思い出しても、あんなにありがたい事はなかったのだが、それと同時に、ひとりひとりから頂いた、メールが本当にありがたかった。
後日そのメールのことを思い出して、プリントアウトしてファイルするようにしたのだが、今思うとそれが私にとっては、幸せノートと同じ作用をしているのである。

「がんばれよ。何かあったら言ってきなよ。会社を去ってからが本当の付き合いですよね。絶対成功してね。ありがとうございました。雇ってね。etc.」書いていても顔が浮かんでくる。ありがとう。
家族のためや自分のためだけじゃなく、みんなのためにも負けちゃいられない、もちろん肩肘張らずに明るく楽しくやっていくよ。普通の会社員だった私でも、夢を持って行動していけば、できるんだということを証明しないとね。さあ、明日から幸せノートを付けて行こう!


posted by まる at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

久々に銀座

今日は午前中弊社ニュースレターの取材で顧客を訪れ、今までのマーケティングの効果測定を伺った。一年前と比べると、様々な点で成果が出てきていて話題に事欠かない、新しく始めた事は、隔月のニューズレターの発行や、紹介ツールの作成など。やはり実践して、結果が出てくるとそれだけで楽しくなる。新しいチラシのレスポンスでも面白いことがわかって、貴重な情報となった。

午後は、東京で新しいビジネスのキックオフミーティング、担当責任者のSさんにはおおいにご支援をいただいて感謝である。これから、6ヶ月のタームできっちりとビジネスを作り上げ、お客様の満足を得られる結果を出して行く予定。今回弊社内でもチームを組んで成功モデルを作り上げ、弊社の次のステップにつなげて行くことができるこのチャンスを生かしたいと思う。

夕方は、別の商談で有楽町に。今日は風が強く、花粉がひどい状況になり、マツキヨで薬を買ったが、花粉コーナーすごい混雑であった。
銀座といえば、昔から、新製品のマーケティングやイベントが行われているが、今日もSONYビル前で、サントリーのチューハイ新製品のサンプルをキヤンペーン嬢が配布していた。サンプルをもらうとか、アンケートに答えて商品券ともらうとか、前職時代から銀座では確かにお得なことが沢山あったなと思い出した。

今は、どんなサンプルをだれに、どのようにどれくらい配るのかなとか、配った後のアクションを起こさせるためにはどんなチラシを入れるのかな、などと全然違う視点で見ている自分に苦笑いしてしまった。うん、今日も一日気づきと学ぶことがあったなと、帰りの電車でメモを取っていた。
それにしても、花粉がー、目がしょぼしょぼです。
posted by まる at 23:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。